5,000円以上ご購入で送料無料

nicaragua / national winner2021  el naranjo , washed  ニカラグア / ナショナルウィナー2021 エル・ナランホ農園、ウォッシュド

nicaragua / national winner2021 el naranjo , washed ニカラグア / ナショナルウィナー2021 エル・ナランホ農園、ウォッシュド

通常価格
¥1,500
販売価格
¥1,500
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
税込 配送料は購入手続き時に計算されます。

オレンジや洋梨、ストーンフルーツのような柔らかい果実感
栗のような優しい甘さの余韻
透明感があり、滑らかな口あたりはシルクのよう

 

 

ニカラグア、エル・ナランホ農園から、ナショナルウィナーに輝いたマラカトゥーラ種のご紹介です。

「ナショナルウィナーとは」

生産国で開催される国際品評会、カップオブエクセレンス(COE)において国内審査を通過したロットのことです。

COE入賞は惜しくも逃したものの、その品質はとても高い素晴らしいコーヒーです。

 

El Naranjo,Dipilto農園は、ニカラグア北部Nueva Segovia県Dipiltoエリアに位置します。

“Panamerica”という名前の高速道路からアクセスしやすい場所にあり、Pine
Treeに囲まれた心地よい気候のエリアです。

約30年前の1990年頃、Luis Emilio氏 (父)は、Pine Treeの生い茂る小さな土地を購入し、1から耕し、マラカトゥーラのコーヒーの樹を植えました。

現在もマラカトゥーラのみを栽培しています。Valladarez Familyは、全部で10の農園を所有しています(Buenos Aires, El Carmen, Mira Flor, El Naranjo Dipilto,El Naranjo Quilali, Ojo de Agua, Suyatal, La Laguna,San Salvador, Monte Livano)。

本農園のあるNueva Segovia県Dipiltoエリアを中心に、Quilaliエリアや Madriz県San Juandel Rio Cocoエリアにも農園があります。

Valladarez Familyは、元々Hondurasに住んでいましたが、45年前に内戦がひどくなり、ニカラグアのOcotalに移り住んできました。

その後、近くの土地を買い足しながら、10農園を持つまでに成長しました。

現在、4代目にあたるLuis Emilio氏、Olman氏の兄弟で農園を管理しています。

彼らのお父さんのLuis Emilio氏も70歳を超えていますが、農園に入ったり、牛の世話をして今もなお働いています。

 

 

 

生産国 : ニカラグア

生産者 : ヴァジャダレスファミリー

農園名 : エル・ナランホ、ディピルト農園

エリア : ディピルト、ヌエバ・セゴビア

標高  : 1,100m

品種  : マラカトゥーラ

精製処理: ウォッシュド

焙煎度合: 浅煎り